早期英語教育への考え方

 

こんな風に、不安な思いを持っている保護者が多いのではないかと思います。

特に、周りで英語を習い始めたなんて聞くと、なんだか焦ってしまったりもすると思います。

 

早期英語教育で確実に有利なのは、リスニング力が上がり、正しい発音が身につきやすい、という点です。早くから始めた生徒は英語を耳で覚えるのも上手です。

 

けれども、「早くに英語学習を始めないと、子供の将来に不利だ」と、過度に不安になる必要はないと思います。(実際私も中学1年生からごく普通に英語の学習をスタートした一人です。英語学習は早くに始めなくても大丈夫だ、と身をもって知っています^^)

 

ところで、私が見ていて過去一番悲しくなった授業は、試験で結果を出すことを目的に、早くから情報や文法を詰め込み、生き生きと英語を話す機会が奪っている授業です。そんな風に教えられる英語を私は「死んだ英語」と密かに呼んでいます。英語をルールでガチガチに覚えたり、教科書の文字だけで学習することが、英語学習の姿ではないと考えます。

 

グローバル・カラーズが考える英語学習の理想的な順番は、

音と場面で英語を知り、言えるようになってから、文字とルールで情報をまとめて整理する。

 

この順番で効果的に学習が保証されている英語教室でなら、早期英語教育も生きてくるかもしれません。

 

そして英語の力をつけることにおいて何よりも大切な事

 

      それは、英語が好きになる事

 

英語に興味が持てるということが、英語の力をつける上で一番大切なことだと考えます。グローバル・カラーズは英語の魅力を伝えるのが得意です。生徒さんは嬉しそうに教室に来てくれますし、いい顔をして帰っていかれます。それは、レッスン中に遊んでいるから楽しい、のではなく英語を使ってコミュニケーションをとることが本質的に楽しいからだと思います。

 

英語の事を考えた時に、大人が頭で考えてしまう「英語は受験に必要だから…」「今の時代できないといけないから…」というような、何だかネガティブな表現ではなく、

 

英語はこんなにも楽しいもの

そんな風に子供達が、英語と共に長く歩める学習を提供したいと思います。

 

 

早期英語教育の是非に話は戻りますが、

お子さんは一人一人が違うのだから、一人ひとりに一番あったタイミングや学習方法も違って当然だと思います。その子が学びたいと思った時が、学び始めだと思います。

 

「子供が英語に興味を示すのであれば学習を始めさせてみたい」と考えられている保護者の方は、もしご興味がありましたら、ぜひクラスの見学に来られてください。他の生徒さんが、生き生きと楽しむ姿を見て、それがもしかしたらお子様が学び始めるタイミングになるかもしれません。

 

 

お電話  076-254-0805

メール  info@globalcolors.jp もしくは下記からご連絡ください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文